診療のご案内

審美歯科

あなたは笑う時に自然と口に手を当てていませんか?心からの笑顔で思いっきり笑っていますか?
歯が変色していたり、すき間があったり、治療後の金属が黒ずんで見えたり…こんな歯のトラブルに悩まされていませんか?
歯の色・形・歯並びで悩んでいる方にお勧めするのが『審美歯科』です。
審美歯科とは、歯の痛みを治すだけでなく、歯の口元の見た目の改善を目的とした総合治療のことをいいます。口元の印象がキレイになることで、あなた自身の自信にもつながります。キレイな自信のある笑顔は相手に与える印象まで変わってきます。
そんな魅力的で自信溢れる笑顔になれるよう、私たちがお手伝いいたします。
歯の『色・形・歯並び』など細かなところまで患者さまとお話し、納得のいく審美治療が受けられるよう心がけております。

セレックシステムを用いた高精度のセラミック治療

当院はこの度、より精度の高いセラミック治療をご提供するために、ドイツSirona社が誇るCAD/CAMシステム「セレックインラボシステム」を採用しました。

セレックとは

セレックとは、コンピュータでセラミックの修復物を自動的に製作するCAD/CAMシステムです。
これまでは採取した歯型をもとに、技工士が手作りで修復物を製作していましたが、セレックでは型取りが不要で、CCDカメラで口腔内をスキャニングし、データをコンピュータに取り込むと、専用ソフトが修復物を自動設計します。
そのデータをミリシングマシンに転送すると、セラミックブロックを自動で削りだして、修復物ができあがります。
設計から削り出しまでオートメーション化されるので、早ければその日のうちに、セラミックの白い歯が完成します。

セレックシステムのメリット
  1. 時間
    通常の保険治療では虫歯箇所を削った後、型取りを行った後に1~2週間程度かけて技工物を製作しますが、セレックを用いた治療は、型取りを行なったらその場で技工物を作ることができます。
    通院する回数が減りますので、患者様の大切なお時間を有効に使うことができます
  2. より高品質
    セレックはセラミック(陶器と似た組成の白くて硬い化合物)を材質に技工物を作ります。
    患者様の歯の色に合わせたセラミックブロックを選ぶことにより、銀歯や保険の白い詰め物と異なり、本来の色と同じよう大変自然な歯が完成します。
  3. 低価格
    技工士さんに作ってもらう必要がないため、その分経費が抑えられます。
    通常のセラミックを材料とした技工物よりも価格を抑えることができます。
  4. 金属フリー
    保険の銀歯などと異なり、セレック治療では金属を使用しません。
    そのため、歯茎が黒ずむようなこともなく、金属アレルギーの心配もありません。
  5. 型取り不要
    3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)するため、従来の印象材(ピンク色の型取り素材)を使う必要がありません。
    患者様に不快感を与えず、最小の負担での型取りが可能です。
    ※ 症例によっては型取りが必要な場合があります。
セレック治療の流れ
  1. STEP1スキャン(型取り) 歯を削ったあと、3D光学カメラで口腔内を撮影(スキャン)します。
    型取りの必要がないため、不快感を味わうことがありません。
    わずか数秒の作業で、歯並びがパソコンのモニター上に再現されます。
    ※ 症例によっては型取りが必要な場合があります。
  2. STEP2かぶせ物の設計 歯の状態(3D画像)をモニター上に再現し、あらゆる角度から歯の形態や、噛み合わせの調整を行います。
    設計後、さまざまな色のセラミックブロックから最適な色を選びます。
  3. STEP3かぶせ物の作製 高精度のミリングマシンと呼ばれる機械(CAM)で設計データをもとにセラミックブロックを削りだします。
    チェアサイドでみるみるうちに精度に優れたかぶせ物を加工・作製していきます。
  4. STEP4口腔内セット 削りだされたセラミックの歯を口腔内へセットします。
    ケースによっては最短1時間ですべての工程が完了します。

審美歯科の治療症例

オールセラミック治療症例1
術前

左右の前歯をきれいにしたいとのことで来院されました。右の前歯はオールセラミック、左の前歯はコンポジットレジン(プラスチックの歯科用材料)にて治療を行うことにしました。

術後

周りの歯や歯ぐきと調和した自然な感じに仕上がりました。患者様にも大変喜んでいただけました。

症状(目的)
左右前歯の見た目の改善
治療方法
右の前歯をオールセラミック修復、左の前歯を自費のコンポジットレジン充填(ダイレクトボンディング)
副作用・リスク
充填材料の経時的着色の可能性(保険材料よりは少ない)
治療期間(回数)
2ヶ月
費用(税抜)
120,000円(内訳/セラミック修復100,000円、ダイレクトボンディング20,000円)
オールセラミック治療症例2
術前

右上前歯2本の見た目が気になるとのことで治療を希望されました。より自然な感じに仕上がるようオールセラミック治療をお勧めしました。

術後

見た目も自然で患者様には大変喜んでいただけました。

症状(目的)
右前歯2本の被せ物の見た目の改善
治療方法
右前歯2本のオールセラミック修復
副作用・リスク
なし
治療期間(回数)
3.5ヶ月
費用(税抜)
220,000円(内訳/セラミック修復100,000円×2、ファイバーコア10,000円×2)
オールセラミック治療症例3
術前

以前に保険で被せた冠の変色と、歯との境目の黒ずみが気になるとのことで来院されました。左右3本の前歯をオールセラミックにて治療を行いました。

術後

歯と歯ぐきの黒ずみもなくなり患者様には大変満足していただけました。

症状(目的)
左右前歯3本の被せ物の見た目の改善
治療方法
左右前歯3本のオールセラミック修復
副作用・リスク
なし
治療期間(回数)
3.5ヶ月
費用(税抜)
330,000円(内訳/セラミック修復100,000円×3、ファイバーコア10,000円×3)
オールセラミック治療症例4
術前

前歯の色と歯の長さが気になるとのことで来院されました。右の前歯のセラミック冠と左右の変色歯計3本の前歯をオールセラミックにて治療を行いました。その際、できるだけ前歯の長さがそろうように工夫しました。

術後

色調も整い、また前歯の長さもかなり改善し患者様には大変満足していただけました。

できるだけ前歯の長さがそろうように、赤丸の部分の厚みを変えて、歯ぐきを押し上げています。

症状(目的)
右前歯の被せ物と左右前歯の変色の改善
左右の前歯の長さ(見え方)の改善(歯ぐきの位置の不揃い)
治療方法
左右前歯3本のオールセラミック修復
仮歯の形態を修正しながら徐々に左右の歯ぐきの位置が同じになるように調整し、最終的な被せ物に移行していく
副作用・リスク
なし
治療期間(回数)
6ヶ月(仮歯の調整を細かく行う必要があり、その分治療期間は延長する)
費用(税抜)
330,000円(内訳/セラミック修復100,000円×3、ファイバーコア10,000円×3)
オールセラミック治療症例5 ~ホワイトニングを併用した~
術前

全体的に歯の黄ばみが気になるとのことで来院されました。特に右上の前歯は失活歯で既にレジン充填が施されていましたのでホワイトニング後にオールセラミックで治療を行いました。

術後

全体的に黄ばみがなくなり、お口の中が明るくなったと患者様には大変満足していただけました。

症状(目的)
全体的な歯の黄ばみの改善
失活歯である右の前歯の変色の改善
治療方法
上下ホームホワイトニング
右の前歯のオールセラミック修復
副作用・リスク
ホワイトニング後の色調の後戻り
知覚過敏
治療期間(回数)
2.5ヶ月(内ホワイトニング約1ヵ月)
費用(税抜)
140,000円(内訳/ホワイトニング30,000円、セラミック修復100,000円、ファイバーコア10,000円)
オールセラミック治療症例6 ~ホワイトニング、ラミネートベニヤを併用した~
術前

全体的に歯の黄ばみと、セラミック冠の破損が気になるとのことで来院されました。まず全体的にホワイトニングを行い、4前歯はオールセラミック、左右犬歯はラミネートベニヤで治療を行いました。

術後

全体的に黄ばみがなくなり、お口の中が明るくなったと患者様には大変満足していただけました。

症状(目的)
全体的な歯の黄ばみの改善
破損したセラミックの被せ物の入れ替え
上の歯(特に犬歯から犬歯まで)の見栄えをよくしたい
治療方法
前歯4本のオールセラミック修復
左右犬歯のラミネートベニア
副作用・リスク
ホワイトニング後の色調の後戻り
知覚過敏
治療期間(回数)
6ヶ月(内ホワイトニング約1ヵ月)
費用(税抜)
630,000円(内訳/ホワイトニング30,000円、セラミック修復100,000円×4、ラミネートベニヤ10,0000円×2)
オールセラミック治療症例7 ~歯周形成外科との併用~
術前

上の前歯の被せものと歯ぐきからの出血、及び笑った時に歯ぐきが良く見える(ガミースマイル)のが気になるとのことで来院されました。

術後

歯ぐきからの出血もしなくなり、また笑った時の歯ぐきの見え方も改善されました。

  1. 1.ワックスアップを行い患者様に最終的なイメージをつかんでもらいます。
  2. 2.ワックスアップをもとに、手術用ガイドを作ります。
  3. 3.実際に口腔内にあてがい歯肉の手術(歯肉を上にずらす)を行います。
  4. 4.歯ぐきの成熟を待ち、仮歯の調整を幾度となく行い、最終的な仮歯をいれます。
  5. 5.ジルコニアオールセラミックを装着しました。
症状(目的)
歯ぐきからの出血(炎症)の改善
前歯の被せ物の入れ替え
口元の印象(見え方)の改善
治療方法
歯周形成外科
前歯4本のオールセラミック修復
副作用・リスク
術後疼痛など
治療期間(回数)
12ヶ月
費用(税抜)
552,000円(内訳/歯周形成外科100,000円、セラミック修復100,000円×4、ファイバーコア10,000×4、仮歯3,000×4)
オールセラミック治療症例8 ~歯肉移植と部分矯正を併用した~
術前

前歯の隙間と見た目、横の前歯が小さい(矮小歯)のが気になるとのことで来院されました。前歯の上下左右のバランスを考えたうえで、前歯2本は歯肉移植と部分矯正で、横の前歯2本はオールセラミックで治療を行うこととしました。

術後

空隙が閉鎖され、また前歯のバランスも改善されて患者様には大変満足していただけました。

  1. 1.診断用ワックスアップを行い、治療方法の検討と最終的なゴールをイメージしていきます。現状では歯のバランスが悪く、前歯が大きくなります。
  2. 2.根が露出している左右の前歯には歯肉(結合組織)移植を行いました。
  3. 3.その後部分矯正により空隙を閉鎖しました。
  4. 4.最後に横の前歯2本(矮小歯)をオールセラミックにて治療を行いました。
症状(目的)
前歯の隙間と見た目の改善
治療方法
歯周形成外科(結合組織移植手術)
部分矯正
前歯(矮小歯)2本のオールセラミック修復
副作用・リスク
術後疼痛、歯肉退縮(後戻り)など
治療期間(回数)
6ヶ月
費用(税抜)
300,000円(内訳/歯周形成外科70,000円、部分矯正30,000円、セラミック修復100,000円×2)
オールセラミック治療症例9 ~歯肉移植と部分矯正を併用したブリッジ~
術前

前歯2本の見た目が気になるとのことで来院されました。右の前歯は根が割れていたので抜歯してブリッジで治療することになりました。
そのまま抜歯してブリッジにすると、ダミー部分の歯ぐきが細く陥凹してしまうので抜歯に先立って部分矯正を行い、根と歯ぐきを引っ張りました。その後、細くなっている歯ぐきの部分に歯肉移植を行い歯ぐきを膨らませることにしました。

術後

歯ぐきの陥凹もなく見た目も改善されたと患者様には喜んでいただけました。

  1. 1.部分矯正を行い歯を引っ張ることにより、歯ぐきも上がってきます。
  2. 2.抜歯して仮歯を合わせた状態。左に比べて右の前歯が長いです。
  3. 3.上顎の奥から結合組織を採取して、歯がないところの歯ぐきに入れ込み膨らませます。
  4. 4.歯ぐきが生着したら、再度仮歯を合わせ直します。だいぶ歯の長さがそろってきました。
  5. 5.ジルコニアオールセラミックを装着しました。
症状(目的)
前歯の見た目の改善
治療方法
右の前歯の部分矯正(引っ張る)後に抜歯
歯周形成外科(結合組織移植手術にて抜歯後の痩せた歯ぐきを膨らませる)
前歯3本ブリッジによるオールセラミック修復
副作用・リスク
術後疼痛、歯肉退縮(後戻り)など
治療期間(回数)
12ヶ月
費用(税抜)
385,000円(内訳/歯周形成外科50,000円、部分矯正35,000円、セラミック修復100,000円×3)