診療のご案内

マウスピース矯正

インビザラインGoシステムの特徴

メリット
透明なので目立ちにくい
表側矯正のように前歯に金属色の装置は付かないので、とても審美的です。アライナーは透明で非常に薄くつくられており、お口に圧迫感を与えることが少なくスポーツ時でも快適に装着していただけます。
金属アレルギーの心配がなく、お口の中を傷つけることもほとんどない
透明のプラスチック製なので、金属アレルギーの心配がなくお口の中を傷つけることがほとんどありません。インビザラインGoは違和感が最も少ない矯正法です。裏側矯正の場合、装置装着後1ヵ月間程度は舌の口内炎に悩まされることもありますが、インビザラインGoの場合は口内炎で悩まされることはほとんどありません。
取り外しができるので衛生的
アライナーは取り外し可能です。矯正する前とあまり変わらず食事を楽しめます。食事の際はアライナーを外し、食事後は歯ブラシが必要です。セルフケアを怠らないことで治療中でも口腔環境を維持しながら治療を進めていくことができます。
デメリット
治療できる症例が限られる
患者様が前歯だけが気になっている場合であっても、全体的な歯並びに問題があり、噛み合わせや骨格に問題があったり、抜歯を要する矯正には対応していません。まずは治療が可能かどうかの診断を行い、治療可能と判断されたケースのみインビザラインGo治療を行うことになります。もし不可能な場合は、全体のマウスピース矯正やワイヤー矯正など、他の治療法をご提案します。
装着時間が守れないと効果が現れづらい
アライナーは、ご自分で外せることが大きいメリットではありますが、毎日決められた時間(1日最低20時間以上)の装着時間を守れなかった場合は歯がうまく動かず、その場合は自己責任となってしまいます。一定時間の装着が難しい状況の方は不向きです。装着を忘れることが多い、会食・接待・飲み会などが多くアライナーを持続して付けられない、というような場合にはあまり適していませんので、他の治療法をお薦めします。
歯に何も付けないわけではない
インビザラインGoでは、歯の表面にアタッチメントと呼ばれるプラスチック製の突起を付けることがあります。アタッチメントを外すという選択もできますが、アタッチメントにアライナーをひっかけることで歯の多彩な動きに対応していますので、外してしまうと予定していた歯の動きができなくなる恐れがあります。
歯と歯の間を少し削ることが多い
インビザラインGoでは抜歯の矯正を行うと奥歯の近心傾斜など副作用が生じやすいので、なるべく抜歯しないで済む矯正にするために歯列の側方拡大や、歯と歯の間を削ることをよく行います。歯と歯の間を削るといっても、通常1回で削る量は0.25mm以内なので麻酔も不要で、歯が虫歯になりやすくなるなどの心配もいりません。インビザラインGoで無理に抜歯の矯正を避けようとすると、歯と歯の間を削る量が過大になったり、歯槽骨からはみ出すくらいに側方拡大を行う危険性が高まるので、そのような状態のときは抜歯を伴う矯正に切り替えることをご提案します。

治療の流れ

  1. 初診

    携帯アプリによる簡易診断をしながら、患者様の歯科記録に基づきカウンセリングを行います。検査した結果、インビザラインGoに適さない状態であったり、そもそも矯正ができない状態であることもあります。

  2. 型取り

    口腔内をデジタルスキャナーでスキャンして歯の状態をチェックしながら歯型を取り、動画(クリンチェック)をつくリます。クリンチェックをすることで、患者様の治療に必要なアライナーの個数や期間が分かります。

  3. 治療開始

    アライナーの取り扱い方法などを患者様にご説明させていただき治療開始となります。アライナーは毎日装着し、1~2週間程度を目安に新しいものに交換していただきます。

  4. 定期検診

    月1回(5回程度)定期検診で来院していただき、アライナーのチェックとメンテナンスを行います。

  5. 治療完了(保定)

    矯正治療が終わった後、なにもしないでいると大きく後戻りしてしまいますので、元の歯並びに後戻りするのをできるだけ少なくするため、リテーナー(後戻り防止装置)を装着していただきます。

iGoシステムの費用について(自由診療)

診断料
20,000円(税別)
インビザラインGo(両顎)
330,000円(税別)
インビザラインGo(片顎)
250,000円(税別)
調整料(マウスピースの微調整、アタッチメント付与、IPR等)
3,000円(税別)