診療のご案内

ホワイトニング

歯のホワイトニングは、削らずに薬剤で歯を白くする方法です。
歯が変色する原因には、たばこ、コーヒー、茶渋などによる着色があります。
これらはクリーニングでもある程度は落とすことが出来ますが、加齢による歯の黄ばみやエナメル質の内部にまで沈着した色素までは落とすことが出来ません。
ご自身の本来の歯の色以上に白く明るい色を手に入れたい方には、ホワイトニングがお勧めです。
当院では、ご自宅で薬剤の入ったプラスチックのトレーを口の中に入れて行うホームホワイトニングをお勧めしております。

このような方にオススメです!!

・だんだん歯の黄ばみが気になっている方(加齢変化で起こります)
・今よりも、もっと歯を美しく白くしたい方
・歯に負担をかけることなく、健康的に白い歯を手に入れたい方
・自然な色の仕上がりを希望されている方
・自分の笑顔にもっと自身を持ちたい方
・結婚式や就職などのためにもっとイメージアップをしたい方

ホームホワイトニングについて

当院でのホームホワイトニングでは、GC社のホワイトニングシステムTionを使用しています。担当の指導を受け、患者様ご自身がご自宅で行っていただきます。ご自宅で行えるため好きなペースで行なうことが出来ます。オフィス・ホワイトニングよりもゆっくりと時間をかけて行いますので、薬が深くまで浸透し、オフィスホワイトニングと比べて自然な色合いの白さが長続きします。当院で実施したホワイトニング症例をご紹介します。

ホームホワイトニングの注意点
・ホワイトニング以前に歯に歯石や着色がついている場合は除去が必要です。
・すでに知覚過敏のひどい方はオススメできません。
・虫歯のある方や重度の歯周病がある方は事前に治療が必要です。
・被せ物や神経を取った歯や生まれつき歯の表面に模様などが入っている歯には効果はありません。(セラミック治療がオススメです)
・妊娠中の方や可能性のある方はできません。授乳中の方は要相談になります。
・まれに、ホワイトニングの薬剤自体が合わない体質の方がおられます。(無カタラーゼ症)
・通常、毎日の使用で1週間程度で白さが実感できます。(個人差があります)
・当初はマウスピースに違和感を感じる方もいますが2~3日で慣れます。
・ホワイトニングが終了した後も、後戻りは少しずつ起こりますが2週間に一度くらいの割合で短期間のホームホワイトニングを再度行えば継続的な白さを保つことができます。(タッチアップといいます。)薬剤のみ購入することも可能です。

ホワイトニングの治療症例

ホワイトニング治療症例
症例1.術前
症例1.術後
症例2.術前
症例2.術後
症例3.術前
症例3.術後
症例4.術前
症例4.術後
症状(目的)
全体的な歯(特に前歯)の黄ばみの改善
治療方法
ホームホワイトニング
副作用・リスク
効果には個人差があります。
ホワイトニング後の色調の後戻り(効果は永続的なものではありません)
術中または術後に知覚過敏の症状が現れることがあります。
治療期間(回数)
1ヶ月
費用(税抜)
30,000円(上下併せて)
ホワイトニング治療症例~ホワイトニング後にオールセラミック装着~
術前

全体的に歯の黄ばみが気になるとのことで来院されました。特に右上の前歯は失活歯で既にレジン充填が施されていましたのでホワイトニング後にオールセラミックで治療を行いました。

術後

全体的に黄ばみがなくなり、お口の中が明るくなったと患者様には大変満足していただけました。

症状(目的)
全体的な歯の黄ばみの改善
失活歯である右の前歯の変色の改善
治療方法
上下ホームホワイトニング
右の前歯のオールセラミック修復
副作用・リスク
ホワイトニング後の色調の後戻り
知覚過敏
治療期間(回数)
2.5ヶ月(内ホワイトニング約1ヵ月)
費用(税抜)
140,000円(内訳/ホワイトニング30,000円、セラミック修復100,000円、ファイバーコア10,000円)