お知らせ

2019-08-26

CAD/CAMシステム「セレックインラボシステム」を導入しました

当院はこの度、より精度の高いセラミック治療をご提供するために、ドイツSirona社が誇るCAD/CAMシステム「セレックインラボシステム」を採用しました。

セレックとは、コンピュータでセラミックの修復物を自動的に製作するCAD/CAMシステムです。
これまでは採取した歯型をもとに、技工士が手作りで修復物を製作していました。
セレックでは型取りが不要で、CCDカメラで口腔内をスキャニングし、データをコンピュータに取り込むと、専用ソフトが修復物を自動設計します。
そのデータをミリシングマシンに転送すると、セラミックブロックを自動で削りだして、修復物ができあがります。
設計から削り出しまでオートメーション化されるので、早ければその日のうちに、セラミックの白い歯が完成します。

IMG_4363.JPGセレックは保険の銀歯などと異なり、セラミック(陶器と似た組成の白くて硬い化合物)を材質に技工物を作りますので、金属アレルギーの心配もありません。

そのほかにも治療期間の短縮にもつながります。
詳しくはお問い合わせください。

CATEGORY

ARCHIVE